ebookjapan情報

彼岸島のあらすじと面白さについて解説

 

↓無料会員登録はコチラ↓

 

彼岸島のあらすじと面白さについて解説

 

私は彼岸島を最初、本屋のレンタルコーナーで借りて読みました。内容的にはオカルト系でぞっとするストーリー展開に引きこまれて大好きになりました。

 

しかし、やはり、レンタル本ですから、本自体の劣化がかなり激しかったです。

 

↓無料立ち読みはコチラ↓

彼岸島 1巻

 

正直、ちょっと汚いなと思ったので、途中からebookjapanの電子版で読むことにしました。電子コミックは劣化しない点が本当にすばらしいですね。やはり、彼岸島のような長編マンガを、これから読もうとする人は電子コミック版で読むことを強くおすすめします。

 

週刊ヤングマガジンで連載されている漫画「彼岸島」及びそのシリーズは、簡単に言えば人間と吸血鬼の戦いです。最初は彼岸島と言われる島で吸血鬼たちが島全体を侵食していきました。

 

そのウイルスに感染すると、通常の人間も吸血鬼となってしまったり、邪鬼と呼ばれる魔物に変貌を遂げたりしてしまいます。その感染力はとても強く、ウイルスはどんどんと広がりを見せます。

 

主人公の宮本明を含む人間軍が必死の抵抗を見せて、敵軍のボスである雅と白熱の攻防と繰り広げます。しかし、兄や友、師匠を失ったりと人間軍も満身創痍になります。そんな中、雅はついに日本全国へ吸血鬼のウイルスをバラ撒くという計画を実行に起こそうとします。

 

↓無料立ち読みはコチラ↓

彼岸島 最後の47日間 1巻

 

それを阻止するべく戦った吸血鬼VS人間軍の戦いというのが「彼岸島最後の47日間」です。ところが思いもよらない結末を迎えてしまいます。

 

なんとその戦いに勝利したのは吸血鬼たちでした。明は雅との頂上決戦に破れ、その代償として片足に深いダメージを負い、右手は雅に斬られてしまいました。そして日本全国に吸血鬼たちの侵略を許してしまったのです。

 

しかし、明は身体に深刻なダメージを受けながらも生きていました。片足を引きずりながら、右手には義手となる刀をはめ込み、雅を倒すために再度立ち上がったのです。そして雅を追い求めて日本全国を探すのが新シリーズである「彼岸島48日後」というわけです。

 

↓無料立ち読みはコチラ↓

彼岸島48日後… 1巻

 

各地を旅する明ですが、その戦いは壮絶です。当初から明と共に戦っていた仲間たちも命を落としたり、明が新しく出会った人物が無残にも殺されてしまったりで破茶目茶なストーリーが待っています。

 

強敵を倒したと思ったら、また新たな強敵がどんどん生まれ立ちふさがりますが、それでも「雅を倒す」ということだけに執念を燃やす明は決して諦めることをせず、敵軍に戦いを挑んでいきます。彼岸島の今後から目を離せません。

 

テラフォーマーズがSF系の青年漫画の頂点で、闇金ウシジマくんが、ブラック系の青年漫画の頂点とすると、彼岸島は、オカルト系の青年漫画の頂点ともいうべき優れた作品です。

 

この作品はとにかく、ストーリーのスケールが壮大なものとなっています。

 

今まで見たことも聞いたこともなかったような画期的で非情なストーリー展開がじつに面白いです。

 

へんな映画を週末や連休などで楽しむならば、ebookjapanなどで、全巻一気読みすることをおすすめします。オカルト系漫画に興味がある人なら、大満足の作品になると思います。

 

↓無料会員登録はコチラ↓